症例写真・体験談症例写真・体験談

症例16 22歳男性 真性女性化乳房 (脂肪吸引法+乳腺切除法)

  • 手術前

  • 手術1ヶ月後

症例

  • 手術前、正面です。

  • 手術1ヶ月後、正面です。

症例

  • 手術前、右斜面です。

  • 手術1ヶ月後、右斜面です。

症例

  • 手術前、左斜面です。

  • 手術1ヶ月後、左斜面です。

症例

  • 手術前、右側面です。

  • 手術1ヶ月後、右側面です。

症例

  • 手術前、左側面です。

  • 手術1ヶ月後、左側面です。

ご来院までの経緯

ご来院までの経緯

14歳の頃(手術を受ける8年前)、左胸の乳輪に小さなしこりがあることに気づきました。
当時は気にすることなく普通に生活し、しこりについて調べることも病院に診察を受けに行くこともしませんでした。

しかし、18歳を過ぎた頃から徐々にしこりが大きくなってる気がし、ネットで調べてみると、女性化乳房という症状だということを知りました。
思春期の頃に発症し、その後自然に消えない場合は、外科手術によりしこりを切除しない限り、消すことができない、又手術後は入院しなければいけないことを知りました。

20歳の時に形成外科で診察を受けて、乳腺外科のある総合病院を紹介してもらいましたが、仕事が休みの日に乳腺外科をおとずれても担当医が不在ということが多く、一度も診察を受けることができなかったです。
他の病院を探してみようとネットで検索していると、診察と手術を一回で行ってくれて、しかも日帰りできるという「銀座みゆき通り美容外科」を見つけました。

ホームページを見ていて、院長さんが多数のメディアで意見を掲載していること、メールで症状について相談した時の対応に好意をおぼえ、一生コンプレックスを持ったまま生きていくよりも一日で診察と手術を行い、それを消せるならと思い、銀座みゆき通り美容外科で診ていただく決意をしました。

ご来院時の状態と治療方針

左胸の乳腺肥大と皮下脂肪の増加が認められました。
このため手術方法は、脂肪吸引法と乳腺切除法の組み合わせで行う方針になりました。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

手術のデザイン

治療の範囲に目印をつけます。
左のわきの下を数mm皮膚切開(青色線)して脂肪吸引を行い、左乳輪の下半周を皮膚切開(黄色線)して乳腺をくり抜きます。

  • 症例
  • 症例

経過画像

  • 症例
  • 症例
  • 手術前の状態です。
  • 手術終了直後の状態です。
    内部に出血がたまることがないように、わきの下からドレーン(排液管)を挿入してあります。ドレーンは手術の翌日に抜去します。
  • 症例
  • 症例

乳輪縁切開部分から切除した乳腺です。

手術1週間後の状態です。皮下出血したために皮膚色が赤紫色に変色しています。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

手術2週間後の状態です。 まだ皮膚色が変色しています。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の状態です。 皮膚色の変色が回復してきました。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

精密検査の結果

症例

切除した乳腺を精密検査した結果、女性化乳房であり乳がんの恐れはないことが確認されました。

直筆体験談

術後経過報告書

【 術前日の心境はどうでしたか? 】

【 手術後 】

腫れはなく、胸や肩に激しい痛みはなかった。

【 帰宅後 】

腫れはないが、胸に断続的に痛みがあり、肩や腕を動かしたり上げたりするのは、難しかった。

【 1日目 】

昨日よりは胸、肩ともに痛みは和らいだ。ドレーンを抜いてからは、さらに痛みは少なくなった。

【 2日目 】

胸、肩共に動かさないかぎり痛みはない。目立った腫れもない。腕を上げたり、伸ばすとわきの下の傷が痛む

【 3日目 】

腕を動かした時の痛みはほとんどなかった。胸を張るような動きをすると傷がすこし痛みます。

【 4日目 】

乳首付近の傷が悪化してる。それ以外は特に悪い所や痛むところはない。

【 5日目 】

やはり、乳首付近の皮膚のはがれが気になる。乳首の組織がどんどんなくなっている。

【 6日目 】

今日、抜糸をしたが、ぬい傷に関しては特に気にする所はない。
バストバンドの着用を延長することになったが、支障はない。
乳首付近の皮膚の治りがよくないのでぬり薬をもらった。

【 7日目 】

ぬり薬をつける様になって、皮膚の状態もよくなってきたと思う。バストバンドしめつけによる内出血もなくなり生活に支障はない。

術後経過報告書

【1ヶ月後】

腫れや痛みはなく問題ない。
見た目も右胸と比べて違いはないので問題ない。左胸の内側に堅いところがあり、違和感はあるがしばらくすれば消えるので特に気にしてない。

【2ヶ月後】

腫れや痛み、見た目は、問題なし。生活に支障はない。左胸の内側に小さなしこりがあるがそのうち消えるものなので気にならない。

【3ヶ月後】

左胸にある小さなしこりは、徐々に小さくなってきている。他は特に気になる所はない。

【今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。】

日帰りで手術を受けられ、入院することもないので仕事に支障をきたすことがなく、治療をうけられよかったと思います。手術後は腫れや痛みを伴いますが、一ヶ月ほどでよくなってくるので大丈夫です。一生、コンプレックスで悩むより思い切って治療することをおすすめします。

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ