症例写真・体験談症例写真・体験談

症例14 30歳男性 真性女性化乳房 (脂肪吸引法+乳腺切除法)

  • 手術前

  • 手術3ヶ月後

症例

  • 手術前、正面です。

  • 手術3ヶ月後、正面です。

症例

  • 手術前、右斜面です。

  • 手術3ヶ月後、右斜面です。

症例

  • 手術前、左斜面です。

  • 手術3ヶ月後、左斜面です。

症例

  • 手術前、右側面です。

  • 手術3ヶ月後、右側面です。

症例

  • 手術前、左側面です。

  • 手術3ヶ月後、左側面です。

ご来院までの経緯

中学生の頃から胸が膨らみはじめました。
同級生の胸とは明らかに違うので、ずっと気になっていました。

自分なりに調べた結果、女性化乳房という症状があることを知り、このまま放っておくと病気にかかるおそれもあるようなので心配になりました。
また周りの視線も気にしたくないので、治療を受けたいと思い、女性化乳房治療が専門の銀座みゆき通り美容外科に来院しました。

ご来院時の状態と治療方針

胸の皮下脂肪が増加していましたが、触診にて乳腺の肥大も確認されました。
このため手術方法は、脂肪吸引法と乳腺切除法の組み合わせで行う方針になりました。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

手術のデザイン

治療の範囲に目印をつけます。
わきの下を数mm皮膚切開(青色線)して脂肪吸引を行い、乳輪の下半周を皮膚切開(黄色線)して乳腺をくり抜きます。

  • 症例
  • 症例

経過画像

  • 症例
  • 症例
  • わきの下から胸の脂肪を吸引しています。

  • 乳輪下半周の切開部分から乳腺組織を切除しています。

  • 症例
  • 症例

切除した乳腺組織です。

  • 症例
  • 症例

手術終了直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術終了直後、乳輪切開縫合部分の接写です。
内部に出血がたまることがないようにドレーン(排液管)を挿入してあります。
ドレーンは手術の翌日に抜去します。

  • 症例
  • 症例

手術翌日の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術翌日の傷跡の接写です。ドレーンを抜去しています。

  • 症例
  • 症例

手術1週間後の抜糸直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1週間後、抜糸直後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術2ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術2ヶ月後の傷跡の接写です。傷跡は目立ちません。

  • 症例
  • 症例

手術3ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術3ヶ月後の傷跡の接写です。傷跡は目立ちません。

精密検査の結果

症例

切除した乳腺を精密検査した結果、女性化乳房であり乳がんの恐れはないことが確認されました。

直筆体験談

術後経過報告書

【 術前日の心境はどうでしたか? 】

不安は一切なく、長年のコンプレックスから解放されるという期待だけです。

【 手術後 】

麻酔が残っているからか、手術後すぐは全く痛みはありませんでした。

【 帰宅後 】

段々と筋肉痛のような鈍い痛みが出てきました。
起き上がるために手をついて身体を支えるとズキッと痛いです。
巻いている包帯が分厚いため、眠る時に腰に負担が掛かったので、枕を腰にあてて寝ました。

【 1日目 】

包帯を外し、ドレーンを抜いてサポーターへ。
見る限り腫れはなさそうに見えます。
筋肉痛のような痛みはまだありますが、大分治まってきているような感じです。
押すとさすがに痛いですが。

【 2日目 】

へこんでいる部分は黄色っぽくなっています。筋肉痛のような痛みはほとんどなくなりました。
サポーターが食い込むと背中が痛いです。

【 3日目 】

今日は手術後初出社です。仕事も特に支障はありませんでした。
筋肉痛のような痛みはまったくなくなりました。見た目は昨日と変化なしです。

【 4日目 】

満員電車で胸を圧迫されて痛い思いをしました。
胸に黄色くなっている箇所が広範囲にあって、そこを押すと痛いです。

【 5日目 】

昨日とほとんど変化なしです。
胸のデコボコへこんでいる所は気にならないのですが、出ている部分はもっとへこんでほしいので、帰宅後圧迫用のタオルを少し厚くしました。

【 6日目 】

天気が良かったのでサポーターが厚かったです・・。
圧迫用のタオルを厚くしたおかげで少しだけ胸が平らになったように見えます。
・・がまだまだデコボコ(乳首周辺がへこんでいる)です。

【 7日目 】

手術後初めて胸の色々な部分を触ってみたのですが、縫ってあった部分(乳の下半分辺り)は麻酔中かのように感覚がなく固くなっていました。

術後経過報告書

【1ヶ月後】

まだ手術をした部分は固く、感覚もほとんどない状態。
全体的に黄色っぽいあざのようになっている。
乳腺を除去した部分がへこんでいてデコボコしているが、手術後に比べれば大分なじんできているように見える。

【2ヶ月後】

黄色っぽくなっていた部分はほとんどなくなり、見た目では分からないぐらいになっている。
触った時の感覚は1ヵ月前に比べれば戻ってきているが、まだ少し麻痺しているような感じ。
できるだけ腕を大きく動かさないように生活していたが、そのせいで筋肉(筋?)が固まり突っ張った感じになっているので、これからはストレッチして柔らかくしていく。

【3ヶ月後】

触った時の感覚はほとんど回復している。
ストレッチを風呂上がりにしていたので、筋の突っ張り感もなくなった。
デコボコも目立たないので、手術したのが嘘のようにこの平らな胸が自分になじんだという感じ。
これからは乳腺ではなく大胸筋をつけて胸板を厚くしていきたい。

【今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。】

自分の胸のふくらみが気になってから約15年間、毎日ばんそうこうやテープで胸をおさえて生活していましたし、人前で着替える時も背中を向けたり、プールや海にも行けなかったり、着る服も制限されていました。
本当に胸に悩まされ続けていました。ですが、手術をして今までの悩みがキレイサッパリなくなり、本当に快適に過ごせています。
今まで着られなかった白い細身のTシャツも着られるし、プールにも行きました。
一日で終る簡単な手術で、こんなにも簡単に平らな胸を手に入れられるならもっと早く手術しておけば良かったと心底思います。
今後治療をお考えの方、絶対に早く受けるべきです!毎日がめちゃくちゃ楽しくなりますよ!

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ