症例写真・体験談症例写真・体験談

症例13 37歳男性 真性女性化乳房 (脂肪吸引法+乳腺切除法)

  • 手術前

  • 手術2ヶ月後

症例

  • 手術前、正面です。

  • 手術2ヶ月後、正面です。

症例

  • 手術前、右斜面です。

  • 手術2ヶ月後、右斜面です。

症例

  • 手術前、左斜面です。

  • 手術2ヶ月後、左斜面です。

症例

  • 手術前、右側面です。

  • 手術2ヶ月後、右側面です。

症例

  • 手術前、左側面です。

  • 手術2ヶ月後、左側面です。

ご来院時の状態と治療方針

胸の皮下脂肪が増加していましたが、触診にて乳腺の肥大も確認されました。
このため手術方法は、脂肪吸引法と乳腺切除法の組み合わせで行う方針になりました。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

手術のデザイン

治療の範囲に目印をつけます。
わきの下を数mm皮膚切開(青色線)して脂肪吸引を行い、乳輪の下半周を皮膚切開(黄色線)して乳腺をくり抜きます。

  • 症例
  • 症例

経過画像

  • 症例
  • 症例

手術終了直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術終了直後、乳輪切開縫合部分の接写です。
内部に出血がたまることがないようにドレーン(排液管)を挿入してあります。
ドレーンは手術の翌日に抜去します。

  • 症例
  • 症例

手術翌日の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術翌日の傷跡の接写です。ドレーンを抜去しています。

  • 症例
  • 症例

手術1週間後の抜糸直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1週間後、抜糸直後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術2週間後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術2週間後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術2ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術2ヶ月後の傷跡の接写です。傷跡は目立ちません。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

精密検査の結果

症例

切除した乳腺を精密検査した結果、女性化乳房であり乳がんの恐れはないことが確認されました。

直筆体験談

術後経過報告書

【 術前日の心境はどうでしたか? 】

【 手術後 】

麻酔が残っているせいか痛みがありませんでした。

【 帰宅後 】

筋肉痛程度の痛み、右胸の方が痛みが若干ありました。
夜中に痛み止めを服用しました。

【 1日目 】

右胸の痛みが若干ありました。
サポーターのサイズが合わず、胃の部分が痛かった。

【 2日目 】

左右の胸の厚さが気になりました。

【 3日目 】

朝、胸のむくみが若干取れてきました。

【 4日目 】

胸の血色が良くなってきました。

【 5日目 】

シャワー後、傷口のテープを初めて取り替えました。

【 6日目 】

サポーターに大分慣れてきました。

【 7日目 】

今日抜糸ですが、どのような感じなのか気になります。

術後経過報告書

【1ヶ月後】

両胸ともシコリがあり、多少の痛みもあった。胸のバンドは思ったよりも苦ではなかった。腫れは両胸が腫れていた。

【2ヶ月後】

乳首の回りにシコリがあるが1ヵ月後よりも少なくなった。腫れも引き胸が平らになり筋肉もついてきたようだ。

【3ヶ月後】

シコリもなく完全に落ち着いた状態。乳腺除去の傷痕も目立たず、乳首回りもきれいで満足です。

【今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。】

悩んでいるなら思い切って治療を受けてみましょう。必ず満足できるはずです。

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ