症例写真・体験談症例写真・体験談

症例10 25歳男性 真性女性化乳房 (脂肪吸引法+乳腺切除法)

  • 手術前

  • 手術3ヶ月後

症例

  • 手術前、正面です。

  • 手術3ヶ月後、正面です。

症例

  • 手術前、右斜面です。

  • 手術3ヶ月後、右斜面です。

症例

  • 手術前、左斜面です。

  • 手術3ヶ月後、左斜面です。

症例

  • 手術前、右側面です。

  • 手術3ヶ月後、右側面です。

症例

  • 手術前、左側面です。

  • 手術3ヶ月後、左側面です。

ご来院までの経緯

16歳ごろから胸の膨らみが気になっていました。
18歳頃にスポーツで体を絞り始めたら、胸だけ痩せないので胸の膨らみがいっそう目立つようになりました。
その後も他人に指摘されたことはありませんでしたが、自分ではずっと気になっていました。

インターネットで調べるうちに、自分の症状が女性化乳房ではないかと思うようになりましたが、治療するなら専門のクリニックに行こうと思っていました。
色々調べた結果、銀座みゆき通り美容外科が専門性があり、実績も豊富だったので、来院しました。

ご来院時の状態と治療方針

胸の皮下脂肪が若干増加していましたが、触診にて乳腺の肥大も確認されました。
このため手術方法は、脂肪吸引法と乳腺切除法の組み合わせで行う方針になりました。

  • 症例
  • 症例

手術のデザイン

治療の範囲に目印をつけます。
わきの下を数mm皮膚切開(青色線)して脂肪吸引を行い、乳輪の下半周を皮膚切開(黄色線)して乳腺をくり抜きます。

  • 症例
  • 症例

経過画像

  • 症例
  • 症例

手術終了直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術終了直後、乳輪切開縫合部分の接写です。内部に出血がたまることがないようにドレーン(排液管)を挿入してあります。
ドレーンは手術の翌日に抜去します。

  • 症例
  • 症例

手術終了後、ガーゼを当てて包帯を巻いた状態です。

  • 症例
  • 症例

包帯は手術の翌日に外して、マジックテープで脱着できる胸部サポーターを1週間着用します。 

  • 症例
  • 症例

手術1週間後の抜糸直後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1週間後、抜糸直後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術1ヶ月後の傷跡の接写です。

  • 症例
  • 症例

手術4ヶ月後の状態です。

  • 症例
  • 症例

手術4ヶ月後の傷跡の接写です。傷跡は目立ちません。

精密検査の結果

症例

切除した乳腺を精密検査した結果、女性化乳房であり乳がんの恐れはないことが確認されました。

直筆体験談

術後経過報告書

【 術前日の心境はどうでしたか? 】

【 手術後 】

麻酔のせいかしばらくボーっとしていました。痛みなどはなかったです。

【 帰宅後 】

特別痛みはないです。
腫れなどは胸をグルグル巻きにされていて確認はできなかったですが違和感はありました。

【 1日目 】

痛みはなく、胸の状態は手術前とそんなに差を感じませんでした。
腕を肩から上にあげられない状態です。

【 2日目 】

少し胸に痛みが出てきました。
腫れは引いた感じはなく黄色っぽくなっています。

【 3日目 】

日に日に痛みが増す感じですが、私生活には問題はないです。
だいぶ腫れています。

【 4日目 】

あまり変化はみられないです。痛みもあります。
胸は少し赤黒っぽいです。

【 5日目 】

痛みはなくなってきましたが、腫れています。
さわるとプニプニした感じです。

【 6日目 】

そんなに大きな変化はないです。
痛みとかはないですが腕をのばしたりすると痛みがはしります。

【 7日目 】

1週間ではそんな変わらないようです。
ときたま痛みはありますがおちついてきたのか、なれてきました。

術後経過報告書

【1ヶ月後】

まだ腫れているように感じます。
腕を動かしたり重いものを持ち上げようとすると胸に痛みを感じます。
普通にしている状態では痛みなどはなくなってきました。

【2ヶ月後】

若干腫れているようにも感じますが、痛みなどはほとんどありません。
しかしまだ胸まわりが赤みがかった状態から黄色っぽくなった感じで違和感はあります。

【3ヶ月後】

状態はだいぶ落ち着いてきました。
私生活で痛みを感じることはほとんどありません。
時折チクチクと電流が走るような痛みがありました。

【今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。】

一人で悩んでもどうにもならないから相談するのが一番。
カウンセラーの先生もとても親身になってくれるので、不安が少しでも減るはずです。

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ